自己啓発

【感想・5分で読める】『やりきる力』

幸せになりたい!!!
この記事を読んでいただいてくれた方々は幸せになりたいと感じている方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方におすすめの本が『幸せは考え方が9割』です!

幸せに毎日を送るためには見方・考え方がとても重要です!

幸せになるためにはなぜ考え方が大事なのか、また具体的な幸せになるための考え方や習慣づけについて徹底解説しています!

「毎日が鬱屈だけど、本当は幸せに生きたい!!!」

そんな風に少しでも感じられている方にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

公式サイトはこちらをクリック!

こんにちは。なべおです!

今回はおすすめ本紹介ということで堀江貴文著の「やりきる力」を紹介します!

泥臭く中途半端にならず最後までやり抜くことの重要性が語られている名著です。

堀江さんはいろいろな新しいことに挑戦して、実際多くの成功をおさめています。

その背景にはこの「やりきる力」がありました。

本記事ではそんな名著の要約・感想を書いています。

ぜひ最後までお読みいただき頂けると幸いです。

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/23 14:22:32時点 楽天市場調べ-詳細)

『やりきる力』の要約

ここからは『やりきる力』の要約をしていきます!

一生懸命に何事にも取り組む

昨今はどこか一生懸命やることを是としない風潮があるきがします。

どうしてそこまでがちでやるの?といった気運がないでしょうか?

何かハマるものがあったらそれをとことんやることの重要性を筆者は説かれています。

もちろん結果は伴わないかもしれません。大きな損失を被るかもしれません。

しかし、その経験はいつか将来になって必ず役立つと主張しています。

実際堀江さんも一生懸命何事もやり、多くの「点」を打った結果、その「点」同士が線となって今に生きているそうです。

まずは今ハマっていることに没頭することが大事だと私も思います。

やりたいけれど十分にできていないことがあるのであれば、まずはそれにとことん没頭したほうが、人生も楽しいはずです。

後先きにせず、とことん没頭しましょう!

一生懸命出来ることが見つからないときは?

そうはいってもなかなか没頭することが見つからないという方も多いと思います。

そんな方はそもそも本当に没頭することを探そうとしているでしょうか?

別に今の生活で良いやと現状に甘受して、本当なら没頭できることを見つけようとしていないのではないでしょうか?

確かに没頭するようなことが見つからなくても生きていくことは極論できます。

しかしより人生を豊かにしたいのであれば、没頭できることを見つけるに越したことはありませんよね?

没頭できることを見つけるためには、まずは少しでも自分が面白そうだな、楽しそうだなと思ったことに飛び付いてみましょう。

飛び付くことはもちろん勇気が必要ですが、いざ飛び込んでみると意外と面白い、飛び付いてよかったと思うでしょう。

やらなかった後悔よりもやった後悔の方が遥かに少ないです。

既存の価値観に囚われず、思いきって何事にも飛び込んでみましょう!!

何事にも手を抜かない

何事もとにかく手を抜かないこと、これは決して簡単なことではないですが、生きていく上で非常に重要なことだと思います。

少しでも無理だと思ったらすぐに諦める人が最近多いように思います。

潔く切り捨てることは時には大事かもしれませんが、特に若いうちは時間もあるので、泥臭く最後まで諦めず立ち向かうことが大事だと私は思います。

本書で筆者も仰っていますが、とにかく頭で考えて考えて考えまくって、もう無理という状態まで自分を追い込んでみてはいかがでしょうか?

その結果として何も果実は生まれないかもしれませんが、そのやりきった経験は必ず皆さんの糧になると思います。

色々なことに挑戦するのが大事

特に若い頃はそうですが、「色々なことに挑戦するのが大事」だと私は思います。

若いころの挑戦はノーリスクハイリターンです!

実際に堀江さんも少しでも何か面白そうということを見つけたらと先考えずにまずは挑戦することを心がけているそうです。

細かい計画はあまり考えずとも、自分の直感を信じて、何事にもトライすることはとてもおすすめです!

私自身もそうですがぜひいろいろなことに果敢に挑戦してみましょう!

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/23 14:22:32時点 楽天市場調べ-詳細)

やりきる力の感想

続いては『やりきる力』の感想を書いていきます。

ここでは主に3点書いていこうと思います。

自分のやりたいことをやればよいということに気づかされた

生きていく中でやりたくないけれどやらないといけないことには少なからず直面すると思います。

もちろん仕事のなかではそういったことも存在します。

しかし忘れてはいけないのは人生は一度きりであり、そういったやりたくないことに時間を費やすほど人生は長くはないということです。

実際堀江さんも大学の授業や不要だと感じた人間関係はバッサリ切り取って、その分自分のやりたいと思ったことに全力投球されたそうです。

いやいややりたくないことをやるよりも、自分が心から没頭できることに没頭したほうが成果も出やすいですし、何より楽しいと思える人生になると思います。

スティーブ=ジョブスの名言に「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」があります。

今自分の本当にやりたいことができているか今一度自問自答してみてください!

悩むよりも行動

本書の中で堀江さんは人生における一番の無駄な時間として「悩んでいる時間」を挙げています。

悩んでいるのであれば即行動したほうがはるかに合理的だと堀江さんは説かれていますが、本当にこれはその通りだと私も思います。

行動した結果、失敗したり怒られてしまうこともあるかと思いますが、悩むだけで机上の空論になってしまっては、その悩んでいた時間は本当に無意味な時間で終わってしまいます。

考えることは大事ですが、「悩む」ことは何もそこから果実を生み出しません。

「悩んでいるのなら即行動」を肝に銘じておきましょう!

中途半端にしないことの大切さを実感

私たちは答えがなかなか見つからなかったり、面倒臭くなったりするとすぐに投げ出してしまう生き物です。

とくに、変化の加速度が大きくなり、毎日が忙しくなるとどうしてもコスパを重視してしまいがちです。

コスパを重視するあまり、中途半端でも色々なことをかじってみることに満足感を抱いてしまいがちです。

そういったことも大切ではありますが、一方で中途半端にせずやりきることも重要であることを本書では教えてくれます。

「もうやり切った!」と心の底から思えるようになるまでは、とことんやり切りましょう!

やりきるためにはどうすれば良いのか

それではやりきる力を養うためにはどうすれば良いのでしょうか?

私が一番大切だと思うのは「情熱」です!

どんなに才能があっても・頭が良くても、やりきるだけの「情熱」がないとやりきるのは難しいと思います。

やりきることは勿論そんなに簡単なことではありません。

幾多の困難や苦労が必ず伴います。

それを乗り切る胆力には「情熱」が必要不可欠だと思います。

最終的に困難や苦労を乗り越えるためには、絶対「達成してやるぞ!」というパッションが大事だと私は考えます。

そしてその「情熱」を持つには、そのものに対する「愛情」「熱意」必要になってきます。

そのためにもまずは今ささげようとしているものに心から「愛情」「熱意」を持てるか確認してみてください!

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/23 14:22:32時点 楽天市場調べ-詳細)

やりきる力のレビュー

ここからは実際に本書を読んだ方のレビューを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

素晴らしい本でした。
若い人にいいかも。
私は42歳ですが、本を読みながら、あの時こうしとけばよかったなーなど、所々思わされる本でした。
若いうちに読んで、この先後悔のない(少ない)人生にできればいいのではないかなと思います。
私もこれから後悔の少ない人生にしていきたいと思います。

Amazonより引用

堀江さんの本で一番良かった!
起業家、起業家をしようとしてる人にはオススメ!
かなり刺さる言葉ばかり!

Amazonより引用

本記事の内容が少しでも皆さんのためになったということであれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/23 14:22:32時点 楽天市場調べ-詳細)