自己啓発

【要約】『「今、ここ」にある幸福』

幸せになりたい!!!
この記事を読んでいただいてくれた方々は幸せになりたいと感じている方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方におすすめの本が『幸せは考え方が9割』です!

幸せに毎日を送るためには見方・考え方がとても重要です!

幸せになるためにはなぜ考え方が大事なのか、また具体的な幸せになるための考え方や習慣づけについて徹底解説しています!

「毎日が鬱屈だけど、本当は幸せに生きたい!!!」

そんな風に少しでも感じられている方にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

公式サイトはこちらをクリック!

こんにちは。なべおです!

今回はおすすめ本紹介ということで岸見一郎著の「今、ここ」にある幸福』を紹介したいと思います!

アドラー心理学についての第一人者でも有名な岸見一郎氏がタイトル通り「「今、ここ」に幸せは存在している」ことについて熱く語っている名著です。

『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』の「勇気」二部作がアドラー心理学についての本として有名ですが、個人的には『「今、ここ」にある幸福』もこれら2つの著書に引けを取らない名著だと感じています!

なお本書は6章立てになっているのですが、本記事ではこれらの章立てに沿ってポイントをピックアップして解説していこうと思います!

ぜひ最後まで読んでみてください!

第1章 今、この瞬間から幸せになれる

嫌なことがあった時に、イライラしてしまう時はありますよね、、、

自分の愚かな行動に対して腹立たしく思えると、自分で自分を攻撃してしまう時もあるのではないでしょうか。

しかし、そんな風に自分で自分を虐げたところで、そこからは何も生まれません。

そんな時こそ、今この瞬間にある幸せをかみしめてみてください。

幸せは今この瞬間にも転がっており、それにあなたは気づいていないだけです!

日本には、そして世界には自分よりもずっと貧しい生活を強いられている人がたくさんいます。

戦争の渦中に巻き込まれ、明日生きられるかどうかも分からないような人が大勢います。

そんな状況にない限り、あなたは今とても幸せな境遇にいます!

まずはそのことを知るだけでも、自分にイライラしていた時よりもずっと、今この瞬間にある幸せを感じ取れることができるのではないでしょうか。

人は今、この瞬間から幸せになれるということをぜひ心にとめていただければと思います!

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/24 14:07:34時点 楽天市場調べ-詳細)

第2章 今日一日のためだけに生きる

今日という一日はもう二度と訪れることのない一日です。

そんな一日を一生懸命生きられているでしょうか❓❓

過去のことは過去のこととして、そして未来のことは未来のこととして、今を精一杯過ごせているでしょうか。

本書でも登場してくるのですがソクラテスの名言の一つに「吟味されない人生は生きるに値しない」という言葉があります。

日々をアップデートして少しでも良い一日を過ごそうという気概を持つことが今日一日を一生懸命生きることに繋がります。

そして今日一日を誰にも誇ることのできる立派な一日であるのだとしたら、それは素晴らしい幸せな人生だといえるのではないでしょうか😊

いつ死んでも良いように、周りに誇れる人生を歩んでいきましょう!

第3章 生きる喜びは人との関わりの中で生まれる

アドラー心理学の根幹にある概念の一つに「全ての悩みも幸福も対人関係から生まれる」というのがあります。

私たち人間の個々の能力やできることはどうしても限定的です。

よって私たちは他者との協力のもとに生きていく必要があります。

相互扶助・助け合いが生きていくうえでは必要不可欠ということです。

その中で、互いに助け合うことは自分の心の中で「相手の役に立った!」という気持ちを醸成させ、それは幸福感(アドラー心理学では「貢献感」)に結びつきます!

他者は敵ではなく共に生きていく仲間です。

他の人の存在なんか邪魔なだけで要らないと思っている方もいるかもしれませんが、少し思考を巡らせてみれば、自分が多くの人の存在によって支えられていることに気づくのではないでしょうか❓❓

毎日の食事や着ている衣服などは誰かが作ってくれたものではないでしょうか?

私たちは他者の協力なしには生きていけません。

だからこそ生きる喜びもそんな他者の中から生まれてくるということです!

第4章 希望が人生を拓き、人生を変える

gray and brown mountain

あなたは今の人生に希望がありますでしょうか❓❓

希望を持っていれば、それに向けて努力をすることができます。

そしてその努力ができれば、たとえそれによって結果が伴わかったとしても、それは価値のある人生だったと僕は思います。

そしてそんな直向きに希望を持ちながら努力する姿勢は他者に対してもプラスの影響を及ぼします。

あの人が頑張っているんだから自分ももっと頑張らなければという気持ちになるということです。

ではどのようにして希望をもてばよいのでしょうか?

一番おすすめな方法が「自分の好きなこと」に目を向けることです。

自分が夢中になれること・これは誰にも負けないといったことがあるのではないでしょうか?

それを誰にも負けないくらい極めてみるのはどうでしょうか🤔

好きなものであれば夢中になって取り組めると思いますし、そんな希望をもって生きている人に対しては必ず困ったときでも助け舟がやってくると思います!

ぜひ自分の好きなことに希望を持ってみてください!

第5章 生きているあなたには価値がある

今の自分になんて生きている価値がないと思っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

1人として同じ人間はいないことから、あなたが持つ相対的にみて注目に値する特徴は必ずあります。

自分は短所ばっかりと思っている方もいるかもしれませんが、短所は裏返せば長所にもなります!

頑固→こだわりが強い
優柔不断→慎重

といったように物は捉えようによって大きく様変わりします!

また不完全な自分を受け入れるというのも有効です。

世の中には完璧なもの・人は存在しません。

不完全だからこそ他者から親近感だって持たれますし、人間は他者とのつながり・支えあいによって生きていく生き物です。

自分には価値がない、ダメな人間だなんて思う暇があったら、もっとポジティブな方向に思考を巡らせてみるようにしましょう。

人生は失敗の連続です。うまくいかないことの方が多いのは事実です。

そんな時でも自分で自分のことを卑下せず前向きに生きてみるようにしましょう!

第6章 死を受け止める勇気をもつ

本書の著者である岸見氏は若いころに母親を脳梗塞で亡くしました。

そのため若いころから死を身近に感じていた方でした。

しかし、だからこそ岸見氏は感じたと思うのですが、たとえ「死」によって命は絶たれたとしても、その人の考え・主張などは生者によって連綿と受け継がれるものではないでしょうか❓❓

たとえ物理的には死んだとしても人は誰かの心の中で永遠に残り続けます!

人間である以上、いつか必ず死が訪れるときは来ます。

死を受け止める勇気をもつことが大事だと本書の最後では綴られていました!

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/24 14:07:34時点 楽天市場調べ-詳細)

『「今、ここ」にある幸福』の感想を紹介!

最後に『「今、ここ」にある幸福』を読んだ方々のレビューを紹介したいと思います!

つくづく良い本を読んだな、という読後感。

アドラー心理学をベースに、さまざまな哲学者の見識も交え、岸見一郎流の幸福論に仕上がっている。

いまを肯定していまをそのまま全力で生ききる、その一貫した語り口に活力をもらえる1冊。

Amazonのレビューから引用

じんわりと効いてくる感じ。幸せであることを勇気を持ってつかみ取りたい

Amazonのレビューから引用

なお僕自身も改めて今この瞬間を一生懸命生き抜いて、幸せをつかみ取ろうと再認識できた1冊でした!

人生を幸福に生きる上でのエッセンスが詰まった1冊です!

アドラー心理学の内容についても書かれているので、アドラー心理学につい知りたいという方にもおすすめです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

今日のポジティブなこと3つ

  • 『「今、ここ」にある幸福』が読めたこと
  • 今この瞬間にある幸せをかみしめられたこと
  • バイトで先輩の方が僕の成果物についてほめてくれたこと